FC2ブログ
ホーム > スポンサー広告 > 「原因」と「結果」の法則 (ジェームズ・アレン 著)ホーム > 人生論 > 「原因」と「結果」の法則 (ジェームズ・アレン 著)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「原因」と「結果」の法則 (ジェームズ・アレン 著)



「原因」と「結果」の法則
「落ち込んだ時に読んでごらん。人生なんて、とても単純なものなのよね」


 20代の若さでヒルズ族となったKOTAさんが、自分の人生を変えた「絶対に読むべき本」として

・思考は現実化する
・道をひらく
・誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
・「原因」と「結果」の法則


ブログで紹介しています。


 今回はこの4冊のうち、4番めの「原因」と「結果」の法則の書評です。


 何とこの本は1902年に書かれたものです。自己啓発書の”源流”とも言うべき本で、読んでみると「思考は現実化する」をはじめとして、いままで読んだ自己啓発書はこの本のパクリではないかと思えるほどです。

 KOTAさんがはじめて買った自己啓発書かこの本で、その後膨大な量の自己啓発書を読んだそうです。その意味では、この本を最初に読んだことで、ほかの自己啓発書の理解も容易になったのではと勝手に想像してます^^;

 
 では、”源流”の内容を簡単に紹介:
 
 思いと環境の関係
 
 ・人は、自分が考えている通りの人生を生きている
 ・人の心は庭のようなもの。良い心を持てば心に美しい草花の種をまくことになり美しい花が咲く。よこしまな心を持てば心に雑草の種をまくことになり、雑草が生える。
 ・自分の心を管理できる人は、失敗や不運を環境のせいにせず、与えられた環境で学習を積む。するとその環境は間もなく、次の新しい環境に取って代わる。

 
 先日参加したジェームス・スキナー氏の講演会でも、同じ話を聞きました。
 
 
 人生の目標

 ・思いと結びついた目標を持つことが大切
 ・目標達成に何回も失敗したとしても、失敗を通じて身につけた忍耐力は成功の礎となる。
 ・大きな目標を発見できないなら、目の前にあるやるべきことに集中する。それにより集中力とコントロール能力が向上する。そして間もなくより大きな目標が見えてくる。
 
 ・成功(目標の達成)を手にできない人は、自分の欲望をまったく犠牲にしていない。成功を願うなら、それ相応の自己犠牲を払わなくてはならない。


 「思考は現実化する」は、成功するためには自己犠牲と忍耐力が必要と説いていますが、その内容がすでにこの本に書かれています。


 この本が書かれた100年以上も前に、成功法則を語るほどの事業環境があったのだろうかと読者は疑問に感じるかもしれません。この時期は以下のような近代工業が立ち上がる時期でした。
 
 エジソン
  1877年:電話機・蓄音機発明
  1879年:電球発明
  1880年:発電機発明
 ヘンリー・フォード
  1908年:T型フォード発売

  
 また、ジェームズ・アレンが作家になる前は、数名の工業家のための経営コンサルタントをしていました。つまり、この本を書ける環境は整っていたといえます。
 

 95ページの小冊子でとてもわかりやすいです。自己啓発の源流を学びたい方に。
 


PS: この書評ブログ、なぜか検索エンジンの順位を下げられ、圏外に飛ばされてしまいました(; _ ;)。でも負けずにがんばります!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 12:12 ] 人生論 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。