FC2ブログ

金持ちになる男、貧乏になる男 アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > スポンサー広告 > 金持ちになる男、貧乏になる男ホーム > 人生論 > 金持ちになる男、貧乏になる男

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

金持ちになる男、貧乏になる男

[サンマーク] ブログ村キーワード


金持ちになる男、貧乏になる男 [ スティーブ・シーボルド ]

お金のことでいつも不安になったり、心配ばかりしている人へ



金持ちになるには、まず金持ちの「考え方」を身につけなければならない。

本書はそれを端的に示すために

貧乏になる男は「小銭を貯める」ことを考え、
金持ちになる男は「大金を稼ぐ」ことを考える


こんな対比で、お金持ちの考え方や行動を説明しています。

第1章 お金の本質を理解しているか?
第2章 お金に対して偏見を持っていないか?
第3章 自分には稼げないと思っていないか?
第4章 自分を信じて努力しているか?
第5章 積極的にチャンスをつかもうとしているか?
第6章 お金に対して罪悪感を持っていないか?
第7章 子どもにお金の重要性を教えているか?
第8章 自分に投資しているか?


 といった章立てで、100の項目が紹介されています。
 
 書かれていることを簡単にまとめてみました。
 

 ・貧乏人は労働時間の対価としてわずかな給料をもらう。金持ちは世の中の問題を解決して大金を稼ぐ。

 ・貧乏人は宝くじを買って一攫千金を狙う。金持ちは世の中の問題を解決することに尽力する。

 ・貧乏人は失業などでお金を失うことを心配する。金持ちは一旦お金を失ってもまた取り返せると思っている。

 ・貧乏人はテレビやネットサーフィンで時間を浪費する。金持ちはその間もひたむきに努力し財産を築く。

 ・貧乏人はお金は有限で限られていると考える。お金持ちはお金は無限にあると考える。


 こうしてみると、金持ちは楽天的で努力家、貧乏人は悲観的で運任せ。両者の考えや行動は全く異なること。また、サラリーマンの考えがいかに貧乏人寄りかがわかります。しかしその考えを金持ちの考えに変えることで、将来に対する不安は大きく減らすことができます。
 
 お金のことでいつも不安になったり、心配ばかりしている人は読んでみて下さい。きっと心が楽になりますよ。
 
 

お買い上げ、ありがとうございます♪


 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/09/02 21:01 ] 人生論 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。