FC2ブログ

生きる悪知恵 (西原 理恵子著) アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > スポンサー広告 > 生きる悪知恵 (西原 理恵子著)ホーム > 人生論 > 生きる悪知恵 (西原 理恵子著)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生きる悪知恵 (西原 理恵子著)



生きる悪知恵 [ 西原理恵子 ]

アドバイスが頭にこびりついて離れない強烈な人生指南書


 「まあじゃん放浪記」「ぼくんち」「毎日かあさん」など、多数の著書で知られる漫画家の西原理恵子さんの人生指南書です。

 生きるって、みっともないことだし、みっともなくていい。あの手この手で、どうにかして生き残ったものが勝ち。そのためにはついていいウソがある。

 という考えに基づき、各方面から集められた60の人生相談に西原さんが回答しています。
 
 寄せられている人生相談はたとえば
 
 【仕事編】
 ・70社受けてもダメ。出口の見えない就活に疲れ果てました。
 ・どう考えても向いてない部署に異動になってしまいました。
 ・陽気すぎて迷惑な常連客への対処法を教えて下さい。
 【家庭編】
 ・結婚して5年、妻がぶくぶく太っていきます。
 ・夫が脱サラして田舎暮らしをしたいと言い出しました。
 【男と女編】
 ・彼女のアソコが臭いんです。はっきり言うべきでしょうか。
 ・20歳以上も年下の部下の女性を好きになってしまいました。
 ・元カレと結婚した友達を祝福できない
 【性格編】
 ・最近、涙もろくて困るんです・・・
 ・女子高育ちで男性がどうしても苦手です。
 ・よく、「お前は空気が読めない」と言われるのですが・・・
 ・頼まれるとイヤと言えない自分がイヤ
 【トラブル編】
 ・離婚して別れた息子に会わせてもらえません
 ・小銭を借りては返さない同僚に困っています
 
 
 西原さんは元ヤンキーで、麻雀やパチンコのギャンブル仲間など、かなりのツワモノと親交があります。そうしたひとたちの凄すぎる経験談や処世術をもとに、ズバズバと悩みに答えていきます。
 
 たとえば陽気すぎて迷惑な常連客への対処法を教えて下さいに対しては
 
  酔っぱらいなんて迷惑なものなんだから、それを見てるだけで「困った」って、店主としてどうなのよ。
  スナック行って勉強してごらん。
  
   ほらほら、飲み過ぎダメよ。ごほうびあげるから
 
  って、70くらいのママがパンツ見せて黙らせるとか 

   
 元カレと結婚した友達を祝福できないに関連して
 
  それで30過ぎた知人が刃傷沙汰になったこともある。運が悪かったのは包丁が2本あったことで、「一本は押さえたんだけど、もう一本で刺された」って。

 こんなすごいエピソードのてんこ盛り。
 
 
  どう考えても向いてない部署に異動になってしまいましたの中ではこんな話も
  
  私がよく行くホルモン屋「わ」の大将は、野球部で死ぬほどきつい訓練したことが下地になってる。やっぱり甲子園まで行った人は半端じゃない。「向いてない」とか「できない」とか絶対言わないもん。

 自分の甘さを反省させられます。



男と女編ではこんな一節も

 前にオーケストラの人としゃべってたら、「いやあ、ウチ不倫率高くて」って言ってたけど、それは音を合わせてるんだから、しょうがねえよなっていう

 この後の文章は、とてもブログに載せられません(汗)


 
 僕もこれまでいろんなビジネス書を読んできましたが、読んだあとに
 
  あの本にはいったい何が書いてあったんだろう?
  
 って思い出せない本ばかりです。それに比べたら、この本のインパクトは強烈。すごすぎます。
 
 一度読んだら、頭にこびりついて離れません。
 
 

 西原理恵子さんのこの世で一番大切な「カネ」の話もとても良い本です。本当に泣けます。


 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/08/27 00:17 ] 人生論 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/08/28 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。