FC2ブログ

もしドラ (岩崎 夏海著) アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > スポンサー広告 > もしドラ (岩崎 夏海著)ホーム > マネジメント > もしドラ (岩崎 夏海著)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もしドラ (岩崎 夏海著)



もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

ドラッカーのマネジメントをどう応用したらよいか、わかりやすく解説してくれる良書



 アマゾンレビューでのあまりの酷評ぶりに、どうしても読む気がおきなかった「もしドラ

 ところが、僕がドラッカーの本を読んでることを知ってる友達が貸してくれたので、読んでみました

 あらすじは皆さんもよくご存知のとおり


 野球部のマネージャーになった女子高生「川島みなみ」が、マネージャーについて書かれている本を探して、まちがってドラッカーの「マネジメント」を購入してしまう

 そして、そこに書かれている組織管理の手法を、野球部に適用して自分のチームを甲子園に出場させるという物語。


 もしドラの種本となったマネジメントは、経営学の父と呼ばれるピーター・F・ドラッカーが1973年に表した組織経営についての本です。多くのビジネスマンが読んでいます。

 でも、この本はとても難しいです。はたして何人の人が内容を理解して実践しているでしょうか。

 というのも、この「マネジメント」、抽象的な経営や管理の指針しか書かれていません。

 つまり一般的なテンプレートです。読者は自分の組織について考察し、テンプレートの空欄を自分で埋めなくてはなりません。


 もしドラでみなみがやったのは、マネジメントに書かれている指針を野球部に当てはめ、テンプレートの空欄を埋めたことです。


 最初にみなみがぶつかったのは、顧客の定義


企業の目的と使命を定義するとき、出発点はひとつしかない。顧客である。顧客によって事業は定義される。したがって「顧客は誰か」との問いこそ、個々の企業の使命を定義する上で、もっとも重要な問いである。やさしい問いではない。まして答えのわかりきった問いではない。

顧客を満足させることこそ、企業の使命であり目的である。



 ここでは、「顧客」、「顧客の満足」「企業の使命・目的」が空欄となります。

 この問いに答えるために、みなみは二年生の補欠選手の二階正義と議論して、以下の答えを導きます。

  野球部の顧客とは、学費を払ってくれる親、先生・学校、先生・学校にお金を払っている東京都、東京都に税金を収めている東京都民、野球部員自身
  顧客の満足とは、野球部のプレーを通じて感動すること
  野球部の目標(使命・目的)は、甲子園に行くこと。(甲子園出場を決めれば、野球部員も先生も親も皆、感動するから)



 マネジメントでは、マーケティングとイノベーションという言葉が頻繁に出てきます。

 これらについても、みなみはチームメイトや監督と議論し、野球部のマーケティング、イノベーションを導き出していきます。

企業の目的は、顧客の想像である。したがって、企業は二つの、そして二つだけの基本的な機能を持つ。それがマーケティングとイノベーションである。

マーケティングは顧客からスタートする。すなわち現実、欲求、価値からスタートする。「我々の製品やサービスにできることはこれである」ではなく、「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足がこれである」という。



 みなみはマーケティングのために、聞き上手な夕紀(もう一人の野球部のマネージャー)に、野球部員の現実や要求や価値を聞き出してもらう。そして練習方法の改善などにつなげます。

 一方、イノベーションについては

したがって、(マーケティングと並ぶ)企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生み出すことである。
イノベーションは組織の外にもたらす変化である。
既存のものは陳腐化すると仮定し、陳腐化したものを体系的、計画的に捨てることである。



 まず、みなみは

  イノベーションは組織の外、つまり野球部を取り巻く「高校野球界」にもたらす変化。
  古い常識を壊し、新しい野球を創造すること。


と考えます。

 つぎに「何を捨てるか」について、監督の加地に意見を求め、彼が「送りバント」と「ボール球を打たせる投球術」を時代遅れで弊害の多い戦略と考えていることを知ります。


 そこで「送りバント」と「ボール球を打たせる投球術」を捨てることで、「ノーバント・ノーボール作戦」という野球部の新しい戦い方の指針を打ち出します。


 他には、「専門家」「社会の問題に貢献」など、マネジメントに書かれている言葉を野球部の問題に当てはめ、次々と組織の問題を解決していく。

 そして最終的に甲子園出場を決め、野球部の目標を達成する。

という構成になっています。


 実際には、そううまく事が運ぶこともないし、野球の戦略も専門家から見たらあやしいところもあるでしょう。でも、この本にその点を突っ込んではいけません。


 本書のユニークなところは

 ・企業とは思えない野球部という組織にマネジメントを適用して、その汎用性を示したこと、
 ・マネジメントをどのように自分の組織に当てはめて活用したらよいか、そのヒントを教えてくれること


です。


 ドラッカーのマネジメントをどう応用したらよいか、わかりやすく解説してくれる良書です。







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[ 2012/08/06 00:18 ] マネジメント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。