FC2ブログ

アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > アーカイブ - 2012年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心を上手に操作する方法 (トルステン・ハーフェナー 著)



心を上手に操作する方法 [ トルステン・ハーフェナー ]

他人に操られないように、心理操作の手口を学ぶ


ベストセラー心を上手に透視する方法の著者であるトルステン・ハーフェナーの続書です。


 本書は、筆者が訪問販売の男の心理操作に引っかかって、ニュース雑誌2誌とテレビ情報誌1誌の定期購読を申し込んでしまったエピソードを皮切りに、心理操作のテクニックを紹介しています。


他人から影響を受けるだけでなく、トリックに引っかかり、知らないうちに本来は望んでいないことをさせられる。そこが心理操作の恐ろしいところだ。それがどんな方法で行われ、特にどんな分野で心理操作が行われるのかを明かすのが本書の目的である。


 著者の本職はマジシャンですが、心理学の研究成果をよく調査していることに感心します。

 内容はほんとうに盛りだくさんです。主な内容は

・相手とラポールを築く方法
・催眠術の歴史と具体的な手順
・心理操作の6つの原理
・なぜ、私たちはだまされるのか
・私達の決断に影響を及ぼすもの
 (間違った決断をしてしまうのはなぜか?)
・相手を操る「質問の仕方」
・「顔の表情から心を読み解く」
・嘘を見破る方法
・言葉の魔力



 催眠術については歴史やさまざまな研究成果、そして催眠術をかける方法が詳しく書かれています。でも素人が催眠術をかけたら、催眠術が解けなくなって大騒動になった事例もあるので、怖くてとても使えません(汗)。


 本書でいちばん読み応えがあるのが「心理操作の6つの原理」です。

他者を操作しようとする人が、言葉巧みに商品を買わせたり、寄付をさせたり、譲歩させたりしたい時に、どんな方法を使っているのか紹介する。その方法を知れば、あなたは不用意にだまされずにすむ。


 その一部を紹介します。

[1] コントラストの法則
 客に大金を支払わせたいとき、ずるがしこい店員は、まず一番高い商品を客に見せたあとに、手頃な値段の商品を見せる。車の販売業者も同じ。まず車そのものの値段を客と交渉して決めてから、オプションを勧める。客にすれば、数百万の車を買ったあとに、数万円のオプション品で悩むのはけちくさい気がしてしまう。

[2] 譲歩の法則
 先にとても面倒な事をたのみ、次に小さな頼みごとをする。実はこの小さな頼みごとがもともと頼みたいこと。たとえば一万円貸してくれとたのみ、断られたら二千円でいいから貸してくれという。

[3] 一貫性の原理
 人間は一度決めたことは、あとで自分に不都合なことになっても変えたくないという心理を利用する。
 
 最初にお話した、筆者が訪問販売の男に引っかかったのはこんな手口。彼は最初にアンケートに答えて欲しいといって筆者に質問します。

 もし罪を犯した人が改心したら、その人を助けますか?

 もちろんですよ!

 (中略)

 世界中で起きていることや、様々なニュースに興味はありますか?

 そりゃあります。


 こんな問答をしたあとに彼はこう切り出します。

 私は罪を犯したことがあります。服役を終えて、深く反省しています。今は努力してまっとうに生きる道を探しています。あなたなら私を助けることができます。

 私はさまざまな雑誌の定期購読の営業をやっています。あなたは世界のニュースに関心があり、思いやりもある方なので、定期購読を申し込んで私を助けて下さい。



 筆者は引くに引けず、定期購読の申し込みをしてしまいます。まんまと手口にはめられたといった感じですね。


[4] ローボール・テクニック
 一貫性の原理の変則技。何かの取引を申し出たり、何かを頼んだりするときには、相手がそれを承諾してから、都合の悪い条件を後出しする。
 
 その例として以下の実験を紹介しています。
 
 教授が学生に、思考プロセスについての実験に参加するために、朝の7時に大学にきてくれと頼む。このとき、片方のグループの学生には、はじめに実験の時間を伝えた。すると24%の学生が参加を承諾した。
 もう一つのグループには先に実験に参加する気があるかどうかを尋ね、参加しても良いという返事をもらってから、じつは実験は朝7時から始まると説明した。するとそれでも良いですと、およそ56%の学生が参加を承諾した。(参加率が2倍以上になっている)
 

・相手を操る「質問の仕方」
 質問にはYes/No型の質問、オープンクエスチョンなどがあるが、AとBどちらにしますかといった二者択一の質問を使って、売上を上げることに成功したレストランがある。

 あるレストランが、卵入りスープを人気メニューにしようとした。店主は給仕係に卵入りスープをお客に勧めるよう命じたが、売上は上がらなかった。店主は同業者仲間に頼んで、それぞれが自分の店で卵入りスープを出し、売れるように努力することにした。
 すると2週間後、ある店で、この新メニューが一気に人気メニューに躍り出た。ヒットの理由はあきれるほど簡単だった。このお店では店主がお客さんこう質問した。
 
 卵がひとつかふたつはいったスープはいかがですか?
 
 するとたいていの客はこう答えた。

 それいいね。卵はひとつにしてくれ


 この本には、あなたがかつてはめられた心理操作もあるはずです。読んでおけばきっと将来の防御になりますよ。
 
 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2012/09/30 17:46 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(1)

大富豪アニキの教え (兄貴(丸尾孝俊)著)



大富豪アニキの教え [ 兄貴 ]

意外とアナログなアニキの成功法則が全開MAX



 バリ島に渡って無一文から大富豪になった日本人、アニキこと丸尾孝俊さんの人生論です。

 このままの自分で、一生を終えたくない

そう思ったサラリーマンの「いっちゃん」が思い立ってバリ島のアニキに会いに行き、アニキに教えを請うところからストーリーが始まります。


 ネットやSNSの波に乗らなければ成功できない、といった方法論が多い中、アニキの教えは意外とアナログです。

 初対面の人とうちとけるにはどうしたらいいかとの質問に

 相手との共通点を見つける

 昨日、何食べたん?

 どっから来てんの?


 共通点が出てくるまで必死のパッチでやるんやで


  一番大切なのは「相手を自分ごとのように大切にする心」、その心を持ってすれば、共通点は目白押しで見つかる。




 こんな大金持ちのアニキなら、さぞかし順風満帆の人生を送っているのかとおもいきや

 オレが成功して、調子ぶっこいていられる一番の理由はな、誰よりも多くの失敗をボーボーこいて、恥をかきまくってきたからなんや。大富豪になった今でも現在進行形で失敗しまくりやて。今、オレは、失敗をフルラインナップでたっくさん抱えているで。今でも失敗こきまくりやねん。



 いっちゃんは日本に帰り、アニキの教えを実践しますが、いまひとつ自分のものにできた実感がわかない。そしてその理由をアニキに尋ねます。
 

 いろいろな「成功法則」と呼ばれるものがあるが、結局な、「本気でぶっちぎる」ことができたら、誰でも成功できるんやで。

 しかし多くの人間には「リミッター」が備わってしまっていて、本気になれない。自分の100%の力を発揮するには、自分のリミッターを外さなければならないんや

 兄貴、どうしたらリミッターを外すことができるんですか?

 あのな・・・
 「リミッターが外れてる奴に会うこと」やねん



 こんな感じで、アニキの成功法則が全開MAXで展開されます。


 でも読んだ後は、バリ島のように、ほっとする一冊。

 
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/09/23 23:03 ] 人生論 | TB(0) | CM(1)

人づきあいの流儀 (茂木健一郎 著)



人づきあいの流儀 [ 茂木健一郎 ]

最新の脳科学研究の成果を織り交ぜ、あなたの能力を高める人づきあいの方法を紹介


脳科学者で、TV番組の司会などもつとめる茂木健一郎さんの著書です。

自分が将来どんな人間になってどんな仕事や生活をするかは、どんな人と出会い、付き合うかにより決まる


という考えに基づき、人づきあいの方法を紹介しています。


前半は、心構えの話。

・つきあうのがラクな相手とばかりいっしょにいると、人間的に成長しない。違和感のある相手が必要。嫌いな人を受け入れることで自分の欠点を修正することができる。

・人は自分の行動パターンができてしまうと、いつも似たような人と付き合い、同じ街で買い物したり食事をする。これではソーシャルスキルが化石化する。スキルを向上させ、自分の世界を広げるには、新しいコミュニティに飛び込むといった交流を広げる努力が必要。

・人間関係に誤解はつきもの。誤解を恐れていては、良好な人間関係を築くことは難しい。「傷つきたくない」と人間関係を広げない人は、世の中にどういう人がいるのか学べない。




第4章は、人生で出会うべき人として

・ライバル・友人
・師匠
・パートナー


をあげています。


 ライバル・友人については、漫画「あしたのジョー」の矢吹丈と力石徹を持ち出したりと、あまり科学的な根拠が感じられずいまひとつ。


師匠については、

 素晴らしい人との出会いが人生を良い方向に導く。脳科学的に見れば、近年の脳科学最大の発見であるミラーニューロンで説明がつく。ミラーニューロンの働きにより、脳は誰かの行動を見て自然と影響を受け、それと同じような行動を取るようになる。優れた芸術は模倣から始まるのもミラーニューロンと強く関係しており、これにより技や技術を会得することができる。
 ミラーニューロンの働きを効果的にするには「出会い」が必要。憧れる人に出会い、そのとおりに行動すれば憧れた人そのものになることができる。



パートナーについては

 人は全てに秀でている必要はない。お互いの短所を補完しあう組み合わせが強力な力を生む。たとえば世界的に大成功を収めた企業は、異なる才能を持った人たちが共同ではじめたものが多い。アップルコンピュータでは、スティーブ・ジョブズとウォズニアック、日本ではソニーの井深大と盛田昭夫。
 パートナーとは、友人とライバルを併せ持った存在。共感と違和感が非常に良いバランスで成り立っているのがパートナーであり、そういう存在を見つけた人が自分の夢や目標を叶える。


 
 これと似た話ですが、チーム力を高める方法も紹介されています。

 マサチューセッツ工科大学の研究で、チームで仕事をするときの処理能力は、チーム構成員の能力(頭の良し悪し)ではなく、メンバーがお互いの気持や事情を汲み取って会話のやり取りをするといったコミュニケーション力で決まることがわかった。
 日本の会議ではメンバーの1人が延々としゃべっていて、他のメンバーは黙って聞いているだけという場合がよくある。これでは能力の高い人たちでチームを組んでも、宝の持ち腐れになる。



 認知心理学や脳科学の成果をフィードバックすれば、日本企業の競争力も向上しそうですね。
 
 他には、女性とのデートを成功させる方法(?)なども。
  
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/09/16 20:14 ] 人生論 | TB(0) | CM(0)

フェラーリ再試乗 - 思考は現実化する



思考は現実化する[ ナポレオン・ヒル ]

この本でつかんだ縁がつづいてます


 思考は現実化するを読んで、この7月にフェラーリ試乗につながった報告をしました。


 するとほどなく、そのフェラーリ代理店から投資物件としてなかなか良さそうな名古屋のタワーマンションの紹介を受けました。

 それまで、マンションとか全く興味がなかったんですが、自分が住むんじゃなくて賃貸で人に貸すという発想もあることを知り、一週間後に購入を決定。

 「石橋を叩くと、運は逃げていく」この本にも書かれているし。


 マンションの営業さんの話によると、この物件は富裕層から注目されてるとのこと。僕の知り合いの、とあるお金持ちの知人もこのマンションは魅力的だと言ってました。

 思い切って、よかったです。


 さて、今日は、そのマンションのイベントでフェラーリ試乗会がありました。


20120909-5.jpg



 ほんの2ヶ月前までは、自分のブログにフェラーリが登場するなんて想像すら出来ませんでした。

 マンション買うことも全く考えていませんでした。

 いったい、この展開はなんなんだ状態です。

 
 一冊の本で人生が変わることってあるんですね。



 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



 
[ 2012/09/09 20:15 ] 自己啓発 | TB(0) | CM(0)

【日記】 丸善名古屋栄店 丸栄6,7階でオープン ♪

以前、このブログで丸善名古屋栄店が、となりの丸栄に移転とお伝えしました。

今日、丸栄からDMが来てたのですが、それによると

 9月27日(木) 丸栄6,7階でオープン

とのことです。

楽しみですね♪

丸栄のホームページによると、蔵書数は80万冊。
 6階: 文具・雑誌・文芸・文庫・新書・実用・地図
 7階: 児童書・新書・コミック・洋書・学習参考書・芸術・専門書
だそうです。
>>丸栄の関連ページヘ

半額≫まずは9日間!目標-4kg?豆乳クッキーダイエット


 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/09/04 00:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

金持ちになる男、貧乏になる男

[サンマーク] ブログ村キーワード


金持ちになる男、貧乏になる男 [ スティーブ・シーボルド ]

お金のことでいつも不安になったり、心配ばかりしている人へ



金持ちになるには、まず金持ちの「考え方」を身につけなければならない。

本書はそれを端的に示すために

貧乏になる男は「小銭を貯める」ことを考え、
金持ちになる男は「大金を稼ぐ」ことを考える


こんな対比で、お金持ちの考え方や行動を説明しています。

第1章 お金の本質を理解しているか?
第2章 お金に対して偏見を持っていないか?
第3章 自分には稼げないと思っていないか?
第4章 自分を信じて努力しているか?
第5章 積極的にチャンスをつかもうとしているか?
第6章 お金に対して罪悪感を持っていないか?
第7章 子どもにお金の重要性を教えているか?
第8章 自分に投資しているか?


 といった章立てで、100の項目が紹介されています。
 
 書かれていることを簡単にまとめてみました。
 

 ・貧乏人は労働時間の対価としてわずかな給料をもらう。金持ちは世の中の問題を解決して大金を稼ぐ。

 ・貧乏人は宝くじを買って一攫千金を狙う。金持ちは世の中の問題を解決することに尽力する。

 ・貧乏人は失業などでお金を失うことを心配する。金持ちは一旦お金を失ってもまた取り返せると思っている。

 ・貧乏人はテレビやネットサーフィンで時間を浪費する。金持ちはその間もひたむきに努力し財産を築く。

 ・貧乏人はお金は有限で限られていると考える。お金持ちはお金は無限にあると考える。


 こうしてみると、金持ちは楽天的で努力家、貧乏人は悲観的で運任せ。両者の考えや行動は全く異なること。また、サラリーマンの考えがいかに貧乏人寄りかがわかります。しかしその考えを金持ちの考えに変えることで、将来に対する不安は大きく減らすことができます。
 
 お金のことでいつも不安になったり、心配ばかりしている人は読んでみて下さい。きっと心が楽になりますよ。
 
 

お買い上げ、ありがとうございます♪


 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/09/02 21:01 ] 人生論 | TB(0) | CM(0)
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。