FC2ブログ

健康 アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > カテゴリー - 健康

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビジネス書から見る正しい姿勢の大切さ


歩く姿勢

正しい姿勢で、心身ともに健康に!


 胸を張って、視線は少し上を見るようにする。そうすると気分が落ち込まない 

 
 今年の5月にジェームス・スキナー氏の無料講習会でこの話を聞き、その日から実践しました。すると
 
 ・特に月曜日の朝に感じていた「会社行きたくないな~」というネガティブな気持ちが消えた。
 ・視線が上がり、遠くが見通せるようになった。
   ⇒胸を張らないと視線は上がりません。逆に胸を張れば自然と視線は上がります。
 ・車を運転するとき、座り姿勢でも視線が上がっていて、遠くを見通せる。その分先を読んだ運転ができる。


といった、大きな効果を感じることができました。
 
 
 そんなわけで正しい姿勢に興味をもつようになったのですが、ビジネス書を読むといろいろな本で姿勢の大切さが説かれていることに気付きました。ねらう効果は様々ですが、正しい姿勢はどれも「胸を張って視線を上げる」です。
 
 では、その内容を順に紹介。まずはジェームス・スキナー氏の本
 
 図解 成功の9ステップ

(P56)
 動きはすべての感情の元。うつ状態の人は、頭を下げて背中を丸めている。すると呼吸が阻害されて、酸素を取り入れられない。気分が悪くなるのは当然だ。


 次は裏社会の人のかけひきの技術を紹介するこちらの本

 一瞬で勝ちをとる かけひきの技術

(P27)
 交渉では相手に呑まれないよう、徹底して自信にあふれた態度を見せるのが大切。むずかしいことではない。背筋をぴんと伸ばし、胸を張ればいい。自信があるから胸を張るのではない。胸を張るから自信がわいてくるのだ。胸を張り、姿勢を正せば声が自然と大きくなり、語尾も明確になる。
 
 
 こんどは裏麻雀の世界で20年間無敗、「雀鬼」の異名を取る桜井章一さん。桜井さんの本業はプロの雀士ですが、プロの格闘家が押さえ技を習いに来るほど体術に優れた人です。
  
 恐れない技術

(P169)
 何事にも「恐れない」生き方をするには、考え方だけでなく、体のバランスや使い方も関係する。人間である以上、「悲しい」「つらい」とかの感情はあって当たり前。だが、そんな時こそ、肉体でその感情を支えてみる。
 具体的には、リラックスして立ち、重心をやや落とす。次に背筋と首筋を伸ばし、最後に目線を真正面から1センチだけ上げてみる。そうすれば、自然と「軸が」体の中心にできてくる。
 前に押されても、後ろに倒されそうになっても、この姿勢が取れていて、体が柔らかければ簡単にはぐらつかない。さらに、そうした体の柔らかさは、心の柔らかさにも結びつくことだろう。

 
 
 世界No1のカリスマコーチ、アンソニー・ロビンズさん
 
 一瞬で自分を変える法

(P147)
 今日、科学の世界では、病気か、健康かは「自分で選べる」のが常識となりつつある。落ち込んでいる人はひと目でそれと分かる。
 まず、歩くときは下を向いている。肩を落とし、息は弱く、浅い。肉体をうつの状態に追い込むことばかりする。
 背筋を伸ばして立ち、胸を張り、腹の底から深く呼吸し、顔を上げ、体を動かしていれば落ち込んでいられなくなる。あなたの脳には精力的に力を発揮しろというメッセージが届けられ、身体はそのとおりになっていく。

 
 
 最後は、私がこの一年で読んだ中で、いちばん良かった小林弘幸さんの本。小林さんはお医者さんで、自律神経のバランスを正常化して健康になる方法を提唱しています。
 
 「ゆっくり動く」と人生が変わる

(P138)
 ストレスや心配事など、なにかいやなことで気分が暗くなると、知らないうちにうつむいて背中を丸めてしまいます。でも、自律神経的に言うと、それは全くの逆効果。この姿勢では気道が狭くなり、呼吸が浅くなり、自律神経のバランスが乱れて悪くなってしまいます。さらに副交感神経の働きが下がるので、免疫機能が低下し、体調まで崩してしまいます。調子の悪い時ほど、上を向くことです。


 いろいろな著者がそれぞれの立場から姿勢の大切さを説いていますが、正しい姿勢が共通しているのは興味深いですね。

 月曜の朝、会社行きたくないとか、何となくやる気がでないといったネガティブな気分になることが多いなら、姿勢に問題があるのかも。胸を張って立つ、歩くなら、お金もかからないし、今すぐできます。ぜひ試してみて下さい。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
 

 
スポンサーサイト
[ 2012/12/29 18:15 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

甘い物は脳に悪い (笠井 奈津子著)



甘い物は脳に悪い [ 笠井奈津子 ]

食習慣の改善で仕事ができる人になろう



  疲れたなあ、こんなときはチョコレートでも食べて・・・


 僕はそんなことがよくあります。きっとあなたもそうですよね。

 だから、この本のタイトルはほんとショッキングでした。

 栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストの笠井奈津子さんの著書です。


 なぜ甘い物が良くないのか、その理由は

 ①甘い物を食べることにより、体内では急激に血糖値が上がる。それで一時的に疲れがとれた気分になる。
 ②急に血糖値が上がると身体にとって負担になるので、血糖値を抑えるためにすい臓が大量のインスリンを分泌する。すると血糖値は急激に下る。
 ③前よりも血糖値が下がってしまい、集中力が続かなくなるばかりか、余計に疲れを感じ、気だるくなる。



 最近巷で、『朝 ステーキを食べる男は出世する』とか、仕事のできる男の食生活が注目されてます。この本にも、仕事を効率化するための食のヒントがたくさん紹介されています。たとえば

 (1) 一日をエネルギッシュに過ごすには、朝食が重要。朝に食欲がない人は、菓子パンを食べる代わりに果物を食べると良い。果物には酵素が含まれている。

 (2) うつ症状の人は脳内伝達物質のセトロニンの働きが弱っている。セトロニンを作るにはタンパク質が必要。ひき肉よりは、ステーキのように原型のままの魚や肉が良質なタンパク源となる。

 ステーキはやっぱりよさそうですね^^

 (3) ストレスに立ち向かうにはビタミンCが重要。


 他には、目の疲れ、肩こり、判断力をつける、物忘れなどに効く食事法が述べられています。

 たとえば判断力をつけるにはタウリンが必要で、タコ、イカ、貝類を食べるとよいとか。


 ところで、この笠井さん、若くてすごく美人でびっくりです。

 ちなみにセックスに強くなるには、タウリン、亜鉛、ムチンが必要で、それが含まれる食品は以下のとおり。

タウリン: イカ,タコ、貝類
亜鉛: 牡蠣、しじみ、うなぎ、牛肉、チーズ、レバー
ムチン: 納豆、やまいも、オクラ(いわゆるネバネバ食品)


 笠井さん曰く、セックスに強い男性は女性から見て魅力的とか

 僕もがんばっちゃおうかな^^


 (なお、笠井さんはお医者さんではありませんので念のため)




 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/06/24 23:56 ] 健康 | TB(0) | CM(0)
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。