FC2ブログ

教養・ノウハウ アラフィフリーマンのビジネス書評

 ビジネス書を中心に、要点とツッコミを書いてます。

ホーム > カテゴリー - 教養・ノウハウ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マンキュー入門経済学 (N.グレゴリー・マンキュー 著)



マンキュー入門経済学

政治家に読ませたいケーススタディがいっぱい



 マンキュー氏は29歳の若さでハーバード大学教授に就任した一流の経済学者です。
 
 本書は経済学をできる限りおもしろく、やさしいく解説するという視点で書かれています。
 
 読み進むうちに、自分はこんなことも知らなかったんだ、と気付かされる箇所がたくさん。でもこの本を読んでから、新聞や専門書を読むときに出てくる経済用語「名目GDP」「限界費用」の意味がわかるようになり、記事をより正確に理解できるようになりました。
 
 本書のユニークなところは、経済の原理が中学レベルの計算例でわかりやすく説明されていること、学習を助けるケーススタディが数多く掲載されていること。しかもそれが面白いです。
 
 たとえば第3章では、交易(貿易)によりお互いの国が利益を得られることを説明しています。この例を通じ、各国は自由貿易によりWIN-WINの関係を築き、より豊かになれるという原則を学ぶことができます。


 ケーススタディとしてはたとえば
 

 ・ガソリンスタンドの行列
  1973年にOPECが原油価格を引き上げたため、ガソリンの供給が減少した。通常なら需給バランスを取るため、ガソリン価格は上昇する。しかしアメリカ政府がガソリン代の上限を設定したため、供給が減少したにもかかわらず需要が減らなかった。これは深刻なガソリン不足をもたらし、車の利用者はわずか数ガロンのガソリンを買うために何時間も待つ羽目になった。
  法律の立案者は、国民が行列のために多くの時間を浪費している責任を感じ、ガソリン上限価格を撤廃した。


 ・ぜいたく品への課税(奢侈税 しゃしぜい)

  1990年にアメリカ議会はヨット、自家用飛行機、毛皮、宝石、高級車といった品目に奢侈税をかけた。これで金持ちから税金を取れると考えた。
  ところが、結果は意図したものと全く異なってきた。たとえばヨットを考えると、ヨットに対する需要は弾力的(値段が上がると需要が大幅に減る)である。億万長者はヨットを買わなくてもぜんぜん構わない。そのお金でバカンスに出たり、相続人に巨額の遺産を残すこともできる。ヨットへの課税はヨットメーカーと労働者に負担をかける。結果として、中流階級に大きな負担をかけることになった。
  奢侈税は施行後、そのまちがいが明らかになり、議会はその大部分を1993年に廃止した。


 
 こうした例を見ると、市場には変な規制を入れず、市場経済に任せるのがよいことがわかります。
 
 
 今の政治家はこの一冊の本の内容すら知らないで政策を議論しているように思えてなりません。
 
 
 著者は経済学を学ぶメリットとして
 
 1.自分が暮らしている世界を理解するのに役立つ
    就職先を見つけるのが容易な年と困難な年があるのはなぜか
 2.経済へのより機敏な参加者になるため
    自分の所得のどれだけを消費に向け、どれだけを貯蓄するか。経済学を学ぶとお金持ちになるのを手助けする道具を身につけることができる。
 3.経済政策の可能性と限界をより良く理解できる。
 
 をあげています。
 
  本書で説明されている原理・原則や多様なケーススタディを頭に入れておけば、この先の経済の動きをより正確に予想でき、ベターな判断にもつながりますね。
 
 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
 

 
スポンサーサイト
[ 2012/12/23 12:17 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(0)

高校生からのゲーム理論 (松井 彰彦著)



高校生からのゲーム理論 (ちくまプリマー新書)

物語風なゲーム理論の入門書



 ゲーム理論は複数のプレイヤーがいて、それぞれの行動が影響し合う状況において、相手の動きを見ながら自分の利益を最大化する方法を考える学問です。
 
 ゲーム理論はジャンケンから、東西冷戦、経済の価格競争の仕組みを分析するのに使われています。
 
 本書はむずかしい理論の話はさておき、具体的な事例をゲーム理論に当てはめたらどうなるか?という切り口でゲーム理論の解説をしています。具体例はゲーム理論で扱う典型例(囚人のジレンマなど)、歴史上の大戦、経済活動など多岐にわたります。たとえば
 
 ・サッカーのPK(右に蹴るか、左に蹴るか?)
 ・環境問題(CO2の規制を守るか、無視するか、どちらが国益にかなうか?)
 ・漢と趙との戦いで、漢の韓信(かんしん)が取った背水の陣の戦略分析
 ・ガソリンスタンドの市場参入
 ・北海道の航空会社 エア・ドゥの破綻

 
 たとえばエア・ドゥに関しては、ゲーム理論に基づき失敗した要因として以下をあげています。
 
 ・新規参入企業はニッチ路線が鉄則だが、エア・ドゥはいきなりドル箱路線の羽田-千歳に参入した。たとえば旭川など道内の地方都市と羽田を結ぶ路線に参入すべきだった。
 ・エア・ドゥは大型機のB767をリースしたが、ニッチ路線に参入したならB737のような小型機ですみ、燃料代もかからず、万一撤退した時の損失も小さくなる。

 
 いじわるな見方をすると、どの例もあとづけのような印象を受けますが、今現在の問題を過去の例に照らし合わせることで戦局を読むのには使えそうです。
 
 あと、物語風に仕立てられているので、ゲーム理論の初歩を系統的に勉強するには向きません。別の教科書やこちらのサイトを読んでからこの本を読むのがいいとおもいます。
 
 
 
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
 

 
[ 2012/12/09 22:33 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(0)

日経プレミアPLUS VOL.2 (日経新聞出版社)



日経プレミアPLUS VOL.2

あなたの読書の幅と可能性をひろげる一冊



 通勤時間に読める手軽な本を探しに、JRのコンビニに入ってこの本を見つけました。
 
 ほんの暇つぶしのつもりでぜんぜん期待してなかったのですが、読書に関するすごくいい記事が2本ありました。この記事のおかげで、自分の読書の幅が大きく広がりそうです。

 
ビジネスパーソンにはなぜ「本」が必要か
 -仕事に生かすための戦略的読書術-

 
 書評家、「ビジネスブックマラソン」編集長 土井英司氏
 
 時代はwhy, what, howのフェーズに分けられる。本から学ぶためには、今自分が生きている時代の本質を意識して本を選ぶことが大切。
 
 whyのフェーズはたとえば2008年のリーマンショック。既存システムが崩壊し、ものごとの意義や価値観を見なおす必要に迫られる。この時代は本質を捉え直すため、ビジネスとは一見無関係な歴史・哲学・サイエンスの本を読む。
 
 whatのフェーズは混乱の時代を経て、あたらしいビジョンが生まれ、その下で新しい事業やビジネスモデルが構築される。2011年の春以降、ビジネスモデル本の売れ行きが伸びている。これはフェーズがwhyからwhatに移行したことのあらわれ。この時期には戦略の基礎を教えてくれる本を読むべき。(たとえば、良い戦略、悪い戦略

 この時期は新しいビジネスの潮流を逃さないため、学ぶと同時に、情勢の変化や新たな胎動をきちんとつかまえる観察力も磨いておくべき。
 
 howのフェーズではビジネス書がよく売れる。リーマンショック前の2004~8年ではIT系の新しいビジネスから学ぼうとする人がノウハウ書を盛んに読んでいた。この時期は成功した人の手法を学んですぐ動けば結果は出しやすい。なので成功者のケーススタディを読むべき。(たとえば、成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 ― 世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者

 これら3つのフェーズは、3~4年のサイクルで変化を繰り返す。この変化に応じて読む本を変え、情報収集のしかたを変えるとよい。
 
 
経済学的思考があなたに与える3つの良い影響
-状況判断力と意思決定力につながる経済の本10冊-


政策研究大学院大学助教授 安田洋祐 氏

 仕事熱心な人の多くは経済の本を読んでいる。経済学的思考法を身につけると
 
 (1)ベターな意思決定ができる
 (2)世の中の変化を理解、予測できる
 (3)ものごとの良し悪しを客観的に議論できる


 ようになる。
 
 (1)の例としては「限界便益」「限界費用」がある。たとえば100人で回しているプロジェクトに人員を追加することで得られる業務の進捗や生産量の増加分が「限界便益」、増えた人件費が「限界費用」。これらを比較することでその行動が有益かどうかがわかる。
 ※「限界」は英語ではmarginal(ヘリ)です。ヘリを少し外に広げた時の便益と費用と考えればわかりやすいです。
 
 (2)経済学とは、各個人の経済的なインセンティブを分析する学問。一定の状況下で各個人がどういう行動選択をするかを研究してきた。これはミクロ経済学と呼ばれるが、「ゲーム理論」の登場で応用できる領域が爆発的に広がった。その考えは世の中の変化を理解、予測するのに役立つ。
 
 (3)経済学は、良し悪しの判断基準として「効率性」「公平性」という概念を導入し、明確な定義を与えている。また議論の際は、実証的分析と規範的分析をきちんと分けて扱う。
 
 実証的分析:「最低賃金法は失業率を引き上げる原因になる」
 規範的分析:「政府は最低賃金を引き上げるべき」

 
 実証的分析は説明的で、社会がどのようになっているかについての主張。一方、規範的分析は処方的で、社会がどうあるべきかについての主張である。
 
 これら二つの経済学的思考を活用できるようになれば、議論を論理的に整理できるようになる。また、客観的で説得性のある論理を構築できる。


 
 私は工学部出身で、経済学はほとんど勉強したこともなく、苦手意識がありました。でもこの記事を読んで考え直し、入門書として紹介されていたこの本を早速購入して読み始めました。

 201125-2.jpg
マンキュー入門経済学


  う~ん、自分はこんなことも知らなかったのか 

 と無知の知を実感しています(汗)
 
 
 でも、この本のお陰で、自分の領域を広げることができ、昨日の自分より今日の自分が多くのことを知っているという、うれしい気持ちになれました。感謝です!
 
 
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
 

 
[ 2012/11/25 16:19 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(0)

心を上手に操作する方法 (トルステン・ハーフェナー 著)



心を上手に操作する方法 [ トルステン・ハーフェナー ]

他人に操られないように、心理操作の手口を学ぶ


ベストセラー心を上手に透視する方法の著者であるトルステン・ハーフェナーの続書です。


 本書は、筆者が訪問販売の男の心理操作に引っかかって、ニュース雑誌2誌とテレビ情報誌1誌の定期購読を申し込んでしまったエピソードを皮切りに、心理操作のテクニックを紹介しています。


他人から影響を受けるだけでなく、トリックに引っかかり、知らないうちに本来は望んでいないことをさせられる。そこが心理操作の恐ろしいところだ。それがどんな方法で行われ、特にどんな分野で心理操作が行われるのかを明かすのが本書の目的である。


 著者の本職はマジシャンですが、心理学の研究成果をよく調査していることに感心します。

 内容はほんとうに盛りだくさんです。主な内容は

・相手とラポールを築く方法
・催眠術の歴史と具体的な手順
・心理操作の6つの原理
・なぜ、私たちはだまされるのか
・私達の決断に影響を及ぼすもの
 (間違った決断をしてしまうのはなぜか?)
・相手を操る「質問の仕方」
・「顔の表情から心を読み解く」
・嘘を見破る方法
・言葉の魔力



 催眠術については歴史やさまざまな研究成果、そして催眠術をかける方法が詳しく書かれています。でも素人が催眠術をかけたら、催眠術が解けなくなって大騒動になった事例もあるので、怖くてとても使えません(汗)。


 本書でいちばん読み応えがあるのが「心理操作の6つの原理」です。

他者を操作しようとする人が、言葉巧みに商品を買わせたり、寄付をさせたり、譲歩させたりしたい時に、どんな方法を使っているのか紹介する。その方法を知れば、あなたは不用意にだまされずにすむ。


 その一部を紹介します。

[1] コントラストの法則
 客に大金を支払わせたいとき、ずるがしこい店員は、まず一番高い商品を客に見せたあとに、手頃な値段の商品を見せる。車の販売業者も同じ。まず車そのものの値段を客と交渉して決めてから、オプションを勧める。客にすれば、数百万の車を買ったあとに、数万円のオプション品で悩むのはけちくさい気がしてしまう。

[2] 譲歩の法則
 先にとても面倒な事をたのみ、次に小さな頼みごとをする。実はこの小さな頼みごとがもともと頼みたいこと。たとえば一万円貸してくれとたのみ、断られたら二千円でいいから貸してくれという。

[3] 一貫性の原理
 人間は一度決めたことは、あとで自分に不都合なことになっても変えたくないという心理を利用する。
 
 最初にお話した、筆者が訪問販売の男に引っかかったのはこんな手口。彼は最初にアンケートに答えて欲しいといって筆者に質問します。

 もし罪を犯した人が改心したら、その人を助けますか?

 もちろんですよ!

 (中略)

 世界中で起きていることや、様々なニュースに興味はありますか?

 そりゃあります。


 こんな問答をしたあとに彼はこう切り出します。

 私は罪を犯したことがあります。服役を終えて、深く反省しています。今は努力してまっとうに生きる道を探しています。あなたなら私を助けることができます。

 私はさまざまな雑誌の定期購読の営業をやっています。あなたは世界のニュースに関心があり、思いやりもある方なので、定期購読を申し込んで私を助けて下さい。



 筆者は引くに引けず、定期購読の申し込みをしてしまいます。まんまと手口にはめられたといった感じですね。


[4] ローボール・テクニック
 一貫性の原理の変則技。何かの取引を申し出たり、何かを頼んだりするときには、相手がそれを承諾してから、都合の悪い条件を後出しする。
 
 その例として以下の実験を紹介しています。
 
 教授が学生に、思考プロセスについての実験に参加するために、朝の7時に大学にきてくれと頼む。このとき、片方のグループの学生には、はじめに実験の時間を伝えた。すると24%の学生が参加を承諾した。
 もう一つのグループには先に実験に参加する気があるかどうかを尋ね、参加しても良いという返事をもらってから、じつは実験は朝7時から始まると説明した。するとそれでも良いですと、およそ56%の学生が参加を承諾した。(参加率が2倍以上になっている)
 

・相手を操る「質問の仕方」
 質問にはYes/No型の質問、オープンクエスチョンなどがあるが、AとBどちらにしますかといった二者択一の質問を使って、売上を上げることに成功したレストランがある。

 あるレストランが、卵入りスープを人気メニューにしようとした。店主は給仕係に卵入りスープをお客に勧めるよう命じたが、売上は上がらなかった。店主は同業者仲間に頼んで、それぞれが自分の店で卵入りスープを出し、売れるように努力することにした。
 すると2週間後、ある店で、この新メニューが一気に人気メニューに躍り出た。ヒットの理由はあきれるほど簡単だった。このお店では店主がお客さんこう質問した。
 
 卵がひとつかふたつはいったスープはいかがですか?
 
 するとたいていの客はこう答えた。

 それいいね。卵はひとつにしてくれ


 この本には、あなたがかつてはめられた心理操作もあるはずです。読んでおけばきっと将来の防御になりますよ。
 
 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[ 2012/09/30 17:46 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(1)

ビジネス書大バカ事典 (勢古浩爾 せこ こうじ著)



ビジネス書大バカ事典 [ 勢古浩爾 ]

ビジネス書の読者が望む「成功」の本質と、それにつけ込む作家の構図を明らかに


 ”日本を滅ぼす「自分バカ」”など、多数の著書で知られる勢古浩爾さんの著書です。


 ビジネス書を読む人の動機は、露骨に言えば自分のためだけにお金を儲けること

 本屋に出かけると、それにつけ込むように、

 だれでも、あなたも、お金持ちになれる

 と書かれた本が並んでいる。

 そして、ここに書かれていることは本当かも、と魔が差して買ってしまう。


 筆者はこうしたビジネス書を、いかがわしいビジネス書「もどき」と呼び、その作家を「もどき」作家と呼んでます。


 本書は

 はじめに本田健、斎藤一人、勝間和代といった著者のビジネス書の珍妙さを説明し、

 そのあとに、松下幸之助氏のような日本を代表する経営者の自伝を取り上げ、そのすばらしさ、まともさを説明する。


 という対比で「もどき」の「もどき」ぶりを際立たせています。


「もどき」作家として槍玉にあげられているのは

 本田健
 石井裕之
 苫米地英人
 神田昌典
 勝間和代
 本田直之
 斎藤一人

といった、大御所の方々。

しかも、結構ばっさりと切り捨ててます。たとえば本田健氏のユダヤ人大富豪の教え


 はっきりいってこの物語の結構は、ナポレオン・ヒルが鉄鋼王カーネギーから成功哲学を聞いて書き上げたという『思考は現実化する』のパクリである。断定しておく。


 斎藤一人氏の人生が全部うまくいく話

 「仕事を大成功させたいし、ツキにも恵まれたい(中略)」。それで、そのために必要なことはただ一点「感謝」なんだ、というのである。もうあからさまである。完全無欠のインチキである。



 ちょっと違うんじゃないのと思える箇所もありますが、ここまで言い切るのはすごい。

 ただ、説明が長くて読むのがいやになる部分も。たとえば苫米地英人氏の頭の回転が50倍速くなる脳の作り方の書評は9ページもあります。

 あと、日本を代表する経営者のひとりに、日本電産創業者の永守重信氏をあげているのもいただけない。この日本電産という会社、有名なブラック企業です。


 とはいえ、ビジネス書の読者が望む「成功」の本質と、それにつけ込む作家の構図を明らかにしたのは一つの功績と考えます。



お買い上げ、ありがとうございます♪


 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



[ 2012/08/14 19:41 ] 教養・ノウハウ | TB(0) | CM(0)
◇◆
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。